60周年実行委員会 実行委員長 山﨑 侑

事業内容
  • 6月度例会アワー 60周年記念事業

基本方針

1963年の結成以来、この地域の明るい未来を見据えて時代時代に抱える課題と希望に向き合いながら運動を続けてきた武生青年会議所は、本年創立60周年を迎えます。先輩諸氏の熱い情熱と弛まぬ努力、そして地域の方々や同志とのパートナーシップがあってこその今日であり、その伝統をさらに10年後、20年後の次代へ繋いでいくことが今の武生青年会議所を生きる私達の使命であります。この大きな節目に今一度私達に関わる全ての方に最大限の感謝と敬意を表すと共に、先輩諸氏の創り上げてきた伝統を基盤に未来を見据え、この地域と人々に希望をもたらす変革者として真に持続可能な武生青年会議所の方向性を示していきます。

重点目標

  1. 歴史と伝統を築き上げた先輩諸氏や支えていただいた全ての方々に、武生青年会議所満身の力を込めて感謝と敬意を表した記念式典及び祝賀会を行います。
  2. 様々なパートナーと手を取り、地域に根ざした視点から課題解決を図る記念事業を行います。
  3. 地域社会と組織のベクトルを合わせて、持続可能な武生青年会議所として次代に繋ぐ60周年ビジョンを示します。

運営方針

  1. 各委員会・会議と連携してスケジュール管理とオンライン等柔軟な運営を図り、全会員が活発な意見交換ができる委員会を行います。
  2. 事業目的を一人ひとりが理解して「何の為に」「誰の為に」を想い、事業に参画します。
  3. 全会員が自身の担いを自覚して考動できる環境を作ります。

共栄探求室(総務・まちづくり室) 室長 田中 了士

事業内容
  • 所沢交流事業
  • 11月度例会アワー 卒業生を送る会

基本方針

幸福度指数の高い実績がある福井。我々のまちにも、ものづくり産業を中心に安定した雇用環境、天然自然の恵み、多くの外国人が住み暮らしていることで、このまちにいながら文化や考え方の違いを肌で感じることができるなど、様々な「魅力」があります。ポストコロナ時代の今、現状より更にその「魅力」を我々JCが起点となり、行政や企業そして住み暮らすまちの人々を巻き込みながら発信することで、まちの発展と幸せの為に貢献することは我々の担いです。その為には、起点となる武生青年会議所の更なる組織力向上は必要不可欠です。時代に即した組織として運動していく為に、今年度は武生青年会議所の在り方を再構築することで成長し、一般法人格へ移行する次年度へ繋げていきます。

重点目標

  1. 所沢交流事業では、これまで受け継がれてきた友情の絆を肌で感じられる、更には新たな出会いにより、両LOMの関係性が向上する場の構築を目指します。
  2. 卒業生を送る会では、卒業生に武生青年会議所の魅力を改めて感じで頂くことで、今後の活躍の後押しができる場の構築を目指します。

運営方針

  1. 両委員会が魅力溢れる事業を行えるよう、風通しの良い環境づくりを目指します。
  2. 室メンバー一人ひとりの役割を明確にし、室全体で構築していく事業を目指します。
  3. 家族・社員・知人にJC活動を誇れるよう、個々の成長を促し、時間にもメリハリをつけて 活動することを目指します。

総務委員会 委員長 板倉 恒太

事業内容
  • 4月度例会アワー 組織力向上事業
  • 12月度例会アワー 会員褒章事業
  • 入会審査事業

基本方針

先輩諸氏が築き上げてきた組織運営が基盤となり時代の流れに囚われることなく柔軟な組織運営のもとで様々な運動を展開してきました。その運営が脈々と受け継がれてきているからこそ我々の運動が行えるのです。近年は時代の変化とともに個々の多様化が進み、JCの価値基準が変化してきておりますが、今後も運動を展開していくためには会員一人ひとりが規律を守り、真摯に活動に取り組む姿勢は必要不可欠です。本年は「組織改革は個々の意識改革」と考え、己を律し、会を想い青年会議所活動を見つめ直すことで全会員が「明るい豊かな社会の実現」に向け行動できる組織運営を目指します。

重点目標

  1. 入会審査事業において厳粛な中で候補者が入会の想いを伝えられる設えと質問を行うことで候補者の新たな決意をしてもらいます。
  2. 組織力向上事業においては様々な手法を使い個々の意識改革に繋げます。
  3. 褒賞事業を通して一年を振り返り、功労者を盛大に称え表彰を行うことで会員の意識向上に繋げます。

運営方針

  1. 委員会メンバー同士が互いに尊重し合い、事業を通して意見し合うことで青年会議所活動 の枠を超え、生涯の仲間となるよう絆を育みます。
  2. 家族、会社、地域の支えがある事に感謝の気持ちを持ち、何事にも一生懸命取り組む委員会を目指します。
  3. 総務委員会としてメンバー一人ひとりが筆頭委員会である意識をもち、己を律し他の会員の模範となるよう会の活動に取り組みます。

魅力つながるまちづくり委員会 委員長 東川 大樹

事業内容
  • 3月度例会アワー ブロック公式訪問
  • 7月度例会アワー まちづくり事業(公益事業)

基本方針

時代は今まさにポストコロナの時代に向かっていますが、まだまだ県外との往来は憚られる状況が続くことが予想されます。このまちに再び、そして今まで以上の賑わいを創り出すには、まずはこのまちに住み暮らす人々が伝統工芸や豊かな食、外国人との共生といったこのまちの魅力を再認識し、「好き」や「楽しい」を共有し広げていく必要があります。その起点としてまちを動かすのは我々JCの担いであり、行政、企業と協働して価値を創造発信し、市民を巻き込みながら繋がりを連鎖させていけば、爆発的な速度でこのまちの魅力と経済活動を広め起こすことになります。そしてコロナが終息した先、県外者にとっても「魅力多き訪れてみたいまち」として人々が行き交う賑わいのあるまちとなることを目指します。

重点目標

  1. ブロック公式訪問を通してお互いの運営方針や活動について情報を共有し、理解を深める事を目標とします。
  2. まちづくり事業を通して人々がこのまちの魅力を再認識し、このまちの人流と経済活動が活性化する一助となる事を目標とします。

運営方針

  1. 会員一人ひとりがこのまちの一員、JCの一員であることを自覚し、他者を思いやる心を育める委員会となることを目指します。
  2. 事業一つひとつに対する想いを共有し、同じ方向性を持って積極的に活動できるように運営します。
  3. メンバー一人ひとりが自分の想いを言い合えて、委員会全体で事業を構築できるように運営します。

次世代の人財開発室 室長 谷崎 将大

事業内容
  • 8月度例会アワー 会員交流事業

基本方針

近年、効率化を目的としたICT化やAI化が様々な分野で進んでおり、我々を取り巻く環境は目まぐるしく変化しています。身近な例として、学校ICT導入による知覚的かつ聴覚的な教育や、業務AI及びロボット等の社会実装に伴う業務の自動化などが挙げられますが、これらの技術が進歩することによって、2030年頃には現存する職業の約半数が人の手からICTやAI、そしてロボットに置き換えられるという研究結果もあります。情報化社会は今この瞬間も発展し続けており、青少年や青年経済人である我々がこれからの社会を担っていくためには、考え方や価値観を大きく変化させる必要があります。そこで本年度は、青少年育成事業や新入会員オリエンテーション事業などを通して、青少年や新入会員、そして既存会員がこれからの社会に求められる能力を身に付けるための活動や運動を展開し、今後更に広がっていく情報化社会においても志高く、そして力強く柔軟に活躍していける次世代の人財を育成します。

重点目標

  1. 「しろばんシニア」を通じて、我々の活動状況や会員情報などの情報共有を行い、各種事業への動員やその他のご協力に繋げます。
  2. 会員交流事業を通じて、会員間の関係性を深め、今後の活動や運動の発展に繋げます。

運営方針

  1. 双方が教育や育成を志す委員会として、仲間や大切な人を思いやり、尊重し合うことで、互いが成長していく運営を目指します。
  2. 全員が自分の役割を理解し、他者のために率先して行動します。
  3. 新入会員と深い絆を持てるよう、既存会員から積極的な関係性の構築を行います。

会員開発委員会 委員長 安久 泰弘

事業内容
  • 10月度例会アワー 新入会員オリエンテーション事業

基本方針

青年会議所は限られた時間の中で会員が大いなる成長を遂げる場であり、JCや地域においても活躍できる人財の育成や一生の仲間と巡り合うことができる学び場です。しかし、どれだけ成長の機会に恵まれていても、自身で考え行動を起こさなければ何も得るものはありません。まずは新入会員が、新たな仲間とあらゆる機会に挑戦して、議論を交わし切磋琢磨することで、自分自身の中に無限の可能性が秘められていることを知ってもらい、更なる挑戦を望む意識変革に繋げます。既存会員も新入会員との関わりの中で、これまで先輩諸氏より受け継いできた青年会議所の魅力と可能性を伝えていき、見つめ直すことで新たな気付きを得て、より深く青年会議所を理解することで行動が変わります。新入会員、そして既存会員が自身の成長こそが自社、この地域の発展にも繋がることを理解いただき、我々が目指す「明るい豊かな社会の実現」を信じて人や地域に影響を与え、いかなる課題にも能動的に取り組み武生青年会議所が誇れるJAYCEEへと導きます。

重点目標

  1. しろばん事業を通じて、各事業の目的や意義、想いを伝え、会員一人ひとりの活動意欲向上に繋げます。
  2. 新入会員オリエンテーション事業を通じ、全会員が青年会議所の本質を理解していき、JAYCEEとしての資質を高めます。

運営方針

  1. JC運動の意義をメンバーに伝え、積極的な事業参画へと導きます。
  2. 既存会員と新入会員が共に学び共に自己成長できる環境を構築します。
  3. 一年間共に過ごす仲間であり、一生の友となれる委員会運営を行います。

地域で育む青少年委員会 委員長 齊藤 史明

事業内容
  • 5月度例会アワー 青少年育成事業(公益事業)
  • 9月度例会アワー シニアと語る会

基本方針

未来を担う青少年を取り巻く社会環境は日々変化し、これからの時代は思考力・判断力・グローバルに発信できる高いコミュニケーション力など、資質や能力といった「社会人基礎力」を持つ人材を育成することが重要になります。しかし、コロナウイルス感染拡大防止と日常生活を両立させた新しい生活様式が浸透しつつある今、家庭環境や学校生活だけでは教科学習のみの基礎教育が中心となり触れ合いも減っている為、本来青少年教育に必要な社会教育や生涯学習など自立を促すコミュニティの創出や自発性を養う機会が少なくなってきています。これは越前市も例外ではなく大きな課題となっています。そこで学校や家庭、そして地域が一体となった「地域教育」を実践し、青少年が主体的、能動的に実践できるアクティブラーニングの機会提供を行ない「自立心」を養うことで、越前市を中心とした私達の活動地域から世界へ挑戦し、将来様々な分野で活躍し輝ける青少年育成を目指します。

重点目標

  1. 青少年がただ、見る・聞くというだけでなく、身体を使い、考え、行動することで、主体的・能動的に考動できる資質向上を図ります。
  2. 青少年に対して、地域コミュニティとの繋がりや支え合いの重要性を感じてもらえる『地域教育』を実践することで、心豊かな青少年教育を目指します。
  3. 先輩方との交流を通して、60周年という節目に今一度原点に立ち返り、このまちにとって武生JCの価値は何かを見出します。

運営方針

  1. 委員会メンバー同士が互いに尊重し合い、活発な交流を通して、個々人の繋がりでは無く、委員会を一つのチームとして真の仲間形成を目指します。
  2. JC活動を積極的に行いながら、仕事やプライベートを尊重し合える委員会運営を目指します。
  3. 様々な事業に積極参加し、自己研鑽を積み、役割を全うすることで自己成長を促します。

会員拡大会議 議長 中村 真利江

事業内容
  • 2月度例会アワー 会員拡大事業(公益事業)

基本方針

武生青年会議所は明るい豊かな社会の実現のために様々な活動を行う中で、賛同する仲間を集め、全員の力で運動を展開してきました。しかし現在の武生青年会議所はその魅力をうまく伝えられておらず、その結果、入会者数の減少という問題を抱えています。そこで本年は武生青年会議所の存在及び理念の周知に重きを置き、従来の拡大運動に取り入れることで、候補者の数を増やします。さらに会員に会の大切さ・魅力・価値を浸透させ、全員が広告塔となり本気で「魅力を伝える」JCとして全員拡大に邁進します。

重点目標

  1. 武生青年会議所の認知度を上げ、拡大活動の効果上昇に繋げます。
  2. 会員一人ひとりがJCについて正確に伝えられるようになり、全員拡大を行なうことで入会者20名を達成します。

運営方針

  1. 全会員が危機感を感じ、自分事と捉えて会員拡大運動に取り組みます。

6月度例会アワー 60周年記念事業